PIO探偵社は結婚調査を専門的に取り扱っている探偵事務所です。

探偵コラム

結婚詐欺にはどのような手口があり被害に遭われてしまうのか

結婚しようと近寄ってきて相手を騙す手法が今でも蔓延っていて、その手法で金銭などを奪い取る手法を結婚詐欺と言います。最初は詐欺なんて分からないのに気が付いたらお金を奪われてしまうという巧妙な手口で騙されてしまいます、そのような詐欺に騙されないためにもここで紹介する内容を十分に理解して対処することをおすすめします。

結婚詐欺の実情

結婚する意志が全くないのにも関わらず結婚をしたいという見せかけで近づいてきます。被害者は本当に結婚したいと思っているからこそ、詐欺師に騙されてどんどん好きになってしまうと、騙されてしまったと思ったときには手遅れで、金品を騙し取られてしまうのが結婚詐欺の実情です。金品を巻き上げられたり貸してしまうだけでなく、クレジットカードや消費者金融のカードを詐欺師に渡してしまうこともあります。

結婚できると思っている相手を疑うのは失礼だと思う気持ちがあるからこそ、結婚できるというその思いだけで信用してしまう人間の心理を巧みに操って詐欺師は見事に被害者を騙してしまいます。男性よりも女性が被害者になる傾向が多く、この男性と結婚したいという気持ちが強ければ相手のことをすっかり信用しきってしまい、そのタイミングでお金の話をされても怪しいと気づかずに言われるままに被害に遭ってしまいます。被害額は数十万から数百万で済めばまだいいほうですが、数千万円以上騙されてしまうこともあります。

代表的な手口

結婚詐欺で多い代表的な手口が、借金があるからお金を貸してくれというものです。どうしても結婚する前に清算しなければいけない借金があるが、自分では全てを返済することができないから貸してほしいというものです。冷静に考えれば急にお金の話をされたらおかしい?怪しい?と思うものですが、相手のことを好きになってしまい、もうすぐ結婚をするというタイミングで言われてしまうと、そのまま金品を渡してしまい、気づいたときにはもう遅いのです。

会社経営者と名乗っている詐欺師に多いのが、結婚を機に会社を独立させたいのでその開業資金が必要だと言ってくるパターンです。被害者も結婚相手がお金もちだと裕福な暮らしができると思って結婚相手として好きになってしまいます。全てを演じているにも関わらず、会社経営者というステータスに魅力を感じてしまうと、このような形で被害に遭う可能性が高いです。

これらの手口以外でも株やFXの投資で失敗して金が必要になったと偽って騙し取る手口もあります。詐欺師は言葉巧みにお金を貸してほしいと近寄ってくるので、相手のことを好きという気持ちが強ければ強いほど信用しきっているので気づかないでお金を渡してしまいます。

詐欺師の演じ方

相手を騙すために自分を偽って被害者に近づいてきます。被害があるところに必ずお金が絡んできます。これは男性詐欺師と女性詐欺師で特徴が異なります。どのように演じるのか、そこにどのような危険があるのかを紹介します。

詐欺師は自分のことがバレないように個人情報を知られるのを嫌がります。どう考えても不自然に個人情報を隠そうしているときは怪しいと思ってください。詐欺師は自分の素性を知られるのを嫌うので、少しでも隠していることがあると判断したら冷静になって考えてください。

詐欺師は早くお金を騙し取りたいという心理が働いているので、交際を申し込むタイミングが早い傾向があります。自分では親密になっていないと思っても結婚ではなく相手からお金を騙し取ることが目的の詐欺師は、被害者のことを考えないで自分のペースに持ち込もうとする傾向があります。自分のことを考えないで交際をしたがる相手も注意する必要があります。

男性詐欺師の場合

男性詐欺師は結婚したいと思っている女性に近づき信用してもらうために、経済的に余裕があって優しくて包容力がある素敵な男を演じることが多いです。女性は貧乏な男性よりも経済的に余裕がある人と結婚したいと思うからです。お金持ちで優しくて素敵な男性だと思い込ませるように近づいてきます。特に恋愛経験が少ない女性だと、詐欺師と恋愛関係に発展すると運命の相手だとすぐに思ってしまい、益々好きになっていくタイミングで詐欺の被害に遭ってしまうのです。

巧妙な手口だと借用書まで作成して相手を信用させる詐欺師もいます。詐欺が成功すると連絡が途絶えてしまい、警察に逮捕されない限りお金が返ってこないケースが多いです。お見合いなどをしていきなり相手の男性を疑うことはできません。そして少しずつ理解して好きになっていきます。お金持ちアピールをされたら、そこしか見えなくなってしまい信用しきってしまいます。

女性詐欺師の場合

女性詐欺師は男性詐欺師とは違い貧乏な自分を演じることがあります。お金を持ってないから援助してほしいという体で男性に近づいてきます。好きになってしまった女性がお金が無くて困っていたら助けてあげたいというのが本音であり、結婚相手になろうとしている女性ならなおさらです。弱い女性を演じて自分がいなければ駄目なんだ、自分がどうにかして助けてあげたいという男性特有の心理をうまく操って詐欺をしてきます。

優しい男性は庇護欲が強いです。好きになった女性を助けてあげたいと思わせるのが女性詐欺師の常套手段です。庇護欲が強ければ騙されてしまう可能性が高いです。助けてあげたいという気持ちで相手の女性の願いを叶えてあげようという思いで騙されてしまいます。

お金が無いと演じているので、貧乏な家庭で育ったので生活が苦しい、病気を患っているが治療費が払えない、親が入院を必要としているがその費用が払えないなど、とにかく貧乏をアピールして男性からお金を騙しとる手口が女性詐欺師の特徴です。

まとめ 

このように結婚詐欺は相手のことを信じて好きになってしまったタイミングで騙されてしまいます。結婚したいと思っている相手を疑いの目で見るわけにはいかないという男女の関係をうまく利用して詐欺師が近寄ってきます。少しでも怪しいと思ったら詐欺に遭うかもしれないという思いになって、冷静に考えてその人のことを信用していいかどうか判断してください。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒結婚調査の詳細ページはこちら

探偵コラムColumn